女1人だからこそディズニーシーで楽しめる5つのこと【1人ディズニーのススメ】

今回は女1人だからこそディズニーシーで楽しめる5つのことを紹介します。

女性で1人ディズニーに行くのって結構勇気がいりますよね。

でも実は1人ディズニーだからこそできることがたくさんあるんです!

今回の記事では1人だからこそできることを紹介していきます!

ぜひ参考にしていただいて、あなたも明日から1人ディズニーを満喫してみてください!


女1人だからこそディズニーシーで楽しめる5つのこと

1.シングルライダー利用できる

ディズニーと言えば待ち時間が長いことが最大のネックですよね。

しかしディズニーには1人で利用するゲストが優先でアトラクションに乗ることができる「シングルライダー」というシステムがあります。

これは一人分の席が空席になってしまった場合、1人で来ているゲストがその席へ座ることができるという仕組みです。

シーでは「インディ・ジョーンズ」「レイジングスピリッツ」が対応しています。

利用したい場合はキャストさんにその旨を伝えれば、シングルライダー専用のスタンバイ列に案内してくれます。運が良ければ待ち時間なく乗れる場合もあります。

シングルライダーはグループで来ていても希望者なら利用できますが、基本的には1人ディズニーをしている人が利用しています。

なのでスタンバイ中にもし時間があれば並んでる人に声をかけてみましょう。

もしかしたらそこでディズニー友達ができるかもしれません。女性なら警戒されることなくあちらも話しかけてくれると思います。

2.グリーティングでキャラを独り占めできる

キャラとグリーティングできることはディズニーの醍醐味です。

しかし女子のグループで行くと必然的にみんなで写真を撮ることになります。

キャラグリは1グループ1回までしか写真は撮れず、もしキャラとツーショットを撮りたい場合は再度並び直さなければいけません。

しかしキャラグリはディズニーで1番の人気アトラクションであり、スタンバイ時間も長いので撮り直しは難しいです。

でも1人で来ていれば誰に気兼ねすることなくキャラとツーショットが撮れます。

好きなことを話しかけられるし、キャラも自分だけを見てくれます。グループで来てる人も、本当にそのキャラが大好きな人はツーショットをお願いしています。

女性は特にそういう人が多いので、たとえ1人で来ていてもツーショットを撮ってもらうのはそこまで気にされません。

「あの人1人でディズニー来てるのかな?」なんて影でヒソヒソさささやかれることなんてまずありませんので、安心してキャラと2人だけの時間を楽しみましょう。

特にダッフィーとのグリーティングはシーでしかできませんので、ダッフィーとのツーショットはぜひ撮って下さい。

3.好きなものを好きな時間に好きなだけ食べられる

女子グループで来ると誰かが「そろそろお腹すいたね」といえば、たとえ自分がまだアトラクションやショーを楽しみたくてもお店に入ることになります。

みんながここと言えばあまり好きじゃないお店に入ることになるかもしれません。

そんな時でも1人なら好きな時間に好きなお店に入ることができます。時間も自由なので、お腹が空いてもちょっと我慢して混む時間を避けられたり、ワゴンの限定の軽食だけを1日中食べることもできます。

ポップコーンのすべての味を1日で制覇することも夢じゃありません。女性なら1日中甘いものだけ食べててもOK、なんて方もいますよね。

シーは予約なしで入れるレストランや、1000円以下で食べられ軽食も充実していますし、ランドに比べてファミリー層が少ないので、1人で静かにゆっくりと食事を楽しむことができます。

また、アルコールの販売があるのもシーだけですので、ディズニーでお酒を楽しむのも通の楽しみ方と言えるでしょう。

4.思い切り写真が撮れる

シーは「冒険とイマジネーションの海」をコンセプトにしており、施設内は外国の街並みを彷彿とさせる雰囲気になっています。

写真を撮りたいスポットもたくさんあります。グループで来ていると、わざわざフォトスポットの差があるたびに立ち止まったり、色々な角度から写真を撮ることはできません。

ですが1人だ来ていれば好きな所で好きな写真を好きなだけ撮ることができます。

女性ならお気に入りのキャラのぬいぐるみを自分好みにアレンジしたり、ぬいぐるみ用のお洋服を作っている方もいると思います。

そんな自分だけのアイテムを持ってきて、シーの美しい街並みをバックに写真を撮ることもできます。

特にシーは夜のライトアップがランドに比べて多く、また、海をテーマにしているため光が水面に反射してパーク内がキラキラと輝きます。

なのでロマンチックで幻想的な、インスタ映えする写真が撮れること間違いなしです。

5.周りの目をきにせずに楽しめる!

先ほども書きましたが、シーはランドに比べ、アトラクションの年齢制限があったり、アルコールを販売していたりするためファミリー層が少なめです。なので1人ディズニーをしに来る人も多いです。

男性でも1人できている人も多いので、女性ならなおさら気にされません。

1人でスタンバイ列にいようが、1人でご飯を食べていようが、1人でキャラのカチューシャをかぶっていようが、珍しくもなんともありません。

せっかく1人だけでディズニーを楽しめるのですから、周りの目なんて気にせず思い切り楽しんでください。

周りの人だってディズニーを楽しむことに集中していますので、自分が思ってるほど周りは人のことなんて見ていません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は女1人だからこそディズニーシーで楽しめる5つのことを紹介してきました。

5つをまとめると次のようになります。

  • 1.シングルライダー利用できる
  • 2.グリーティングでキャラを独り占めできる
  • 3.好きなものを好きな時間に好きなだけ食べられる
  • 4.思い切り写真が撮れる
  • 5.周りの目をきにせずに楽しめる!

1人ディズニーにはたくさんのメリットがあります。

ちょっぴり恥ずかしいな…という気持ちもわかりますが一度やってみると吹っ切れてハマるかもしれませんよ!

ぜひ一度試してみてくださいね。

では最後までお読みいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です