ディズニーデートで女子が持っておきたい持ち物10選

今回はディズニーデートで女子が持っておきたい持ち物10選を紹介します。

ディズニーデートに行くことになったけど何を持っていけばいいんだろう…

そんな悩みを抱えている女性も多いのではないでしょうか?

今回の記事を読んでいただければ当日何を持っていけばいいのかがわかります。

しっかりと準備をして楽しいディズニーデートにしてくださいね!


ディズニーデートで女子が持っておきたい持ち物10選

1.お手拭き(おしぼり)

ディズニーリゾートでは食べ歩きスナックをアトラクションの移動中やショーの待ち時間で食べるのも醍醐味のひとつです。

しかし、そういったファストフード系のお店では、紙ナプキンの用意はありますが、それだと手が汚れた時油汚れがきちんと落とせません。

手に脂がついたままだとせっかく購入したグッズにも汚れがついてしまいます。

それに、お手洗いまで距離があったり、そもそも混雑して水道までたどり着くのも大変だったりするので、サッと汚れを落とせるお手拭きは便利です。

清潔感に気を遣っている女の子の感じが出ますし、彼氏にも渡してあげればよく気の付く子、の評価ゲットです。使用後もゴミ箱は色々な場所にあるので、処理も楽です。

2.絆創膏

ディズニーパークでは、履き慣れた歩きやすい靴を履くのが鉄則。

ですが、デートなのに使い古しのスニーカーは…というのが乙女心。

そこで新しい靴を下ろしてしまったり、ちょっとヒールのある靴を選んでしまう女性は少なくありません。そんな時に起こりがちなトラブルが、靴擦れ。

足を痛めるのは徒歩主体のデートでは致命的です。彼氏も気を使ってしまい、デートの楽しみが半減します。

そこで、ちょっとでも痛みを感じた時に絆創膏でカバーをすると楽になります。

小指やかかとなど、あらかじめ自分が靴擦れしやすい場所に貼っておくのも賢い方法です。

3.予備のコンタクトレンズ・眼鏡

視力の悪い女の子でも、デート中はアイメイクを頑張り、コンタクトにすることが多いのではないでしょうか。

しかし、性能が良くなってもちょっとずれを治そうとした拍子にコンタクトを落としてしまう、というのは結構あります。

ディズニーランドの場合、人が多くて踏まれそうですし、アトラクション内部でのキューラインは、照明が落とされていることも多く、探しづらいです。

そのまま視力が悪いままだと楽しいショーやアトラクションがつまらなくなってしまいますし、安全面も心配。

なお、スター・ツアーズやフィルハーマジック、マジックランプシアターなど3D眼鏡を掛けて楽しむアトラクションでは、当然のことながら3D眼鏡on眼鏡よりもコンタクト+3D眼鏡の方が煩わしくありません。

4.生理用ナプキンとショーツ

生理が終わったばかりであれば全く必要ありませんが、生理がそろそろ来そうかも…という時には用意しておいた方が絶対に良いです。

血液が服にしみてしまったら、デート用のお洒落着が台無しですし、大勢の人、それに彼氏の前ではとても恥ずかしいですよね。

お手洗いの場所によっては、ナプキンの販売機がある場所もありますが、すべての場所ではありません。サイズも小さめ~普通サイズ。

それに、こういうものは使い慣れたメーカー品の方が良いですので、普段から使用しているものを持っていきましょう。

生理用ショーツはリゾート内だとホテル内にあるコンビニで販売していますが、絶対に在庫があるとは断言できません。

Todayなどの公式パンフにも生理用品の販売情報は掲載されていないので、特に注意を払う必要があります。

5.常備薬

持病がある人は、常備薬を必ず持っていきましょう。

生理中(あるいはそうなる可能性の高い人)は、普段使っている痛み止めを持っていくべきです。

理由は言うまでもなく、体調不良ではせっかくのデートを楽しめませんし、彼氏に心配を掛けてしまうから。

それでも体調が悪くなってしまった場合は、救護室がありますので、そこで休ませてもらいましょう。

救護室には資格持ちのナースキャストが待機しており、お薬も渡してもらえます。

しかし、薬局のようにあらゆるお薬が揃っているわけでもないので、やはり自分で備えておくのが必須です。



6.スマホと携帯用充電器

お手洗いやお土産物を探すなど、別行動をしたときの待ち合わせに便利な携帯電話(スマホ)。

それだけではなくパークの中でいかにストレスなく過ごすのか、は情報戦に掛かっています。

ディズニーのスマホアプリではリアルタイムに待ち時間や休止情報が得られるので、非常に便利。

今は抽選も住専所に行かずともアプリで可能です。

それに可愛いフォトスポットも満載ですし、パーク公式の加工アプリもありますからね。

チケットがスマホデータの場合は言うまでもありません。ですが、ガンガンスマホを使っていると電池残量が少なくなってしまします。

節約して使うのにも神経を使いますので、携帯用充電器は必須です。

7.レジャーシート

開園前やパレード待ちでずっと立ちっぱなしなのは足が非常に疲れます。

ディズニーパークの地面は、毎朝水洗いされていて清潔なのですが、乾かないうちはところどころ湿っていることもあります。

そんな状態で直接地面に座ってしまうと、服が水気を含んでしまいます。

そこで役に立つのがレジャーシートです。彼氏と一緒に座れるサイズがベスト。レジャーシートがあればお尻も荷物も汚れませんし、場所取りも可能。

お尻が痛くなるのであれば、薄手の折り畳みマットがあるといいですね。場所取りに関しては現地のキャストさんの指示に従ってくださいね。

8.マウスウォッシュ

ディズニーデートで飲食をしないわけにはいきませんが、ムーディーになった時のお口の臭いは気になるところ。

本当は歯磨きでもしておきたいところですが、混雑したお手洗いの洗面所でシャカシャカしだすのはなかなかの猛者です。

ただでさえ、女性の方が男性よりお手洗いの時間がかかるのに、さらに彼氏を待たせてしまうのも申し訳ないですし。

そんな時にマウスウォッシュは手早く残った食べ物の臭いを取り除いてくれます。

おっきいボトルのままでは嵩張りすぎるし重すぎるので、1~2回分を小分けにしておくと吉。口臭スプレーでも代用可能です。

9.お直しメイク用品

朝から晩まで遊び倒すデートプランなら必須アイテム。

汗をかいたり、ショーやアトラクションの内容次第では水をかぶったりもします。

振るメイク装備だと荷物になるので、ファンでやチーク、マスカラとリップ、など最小限にとどめて多くことが吉です。

ディズニーランドのお手洗いでは意図的にメイク直し用の鏡スペースは狭くできていますから、占拠しないように注意してください。

10.着脱しやすい羽織モノ

ディズニーパークは海辺ということもあって、早朝・日中・夜間の寒暖の差が激しく、風も強いです。

暑さ寒さの調節をするのに、1枚羽織れる物を用意しておくとよいでしょう。

冬場であれば、コートの下に着るセーターやインナーを1枚持っておく、といった感じ。

夏場は汗をかきますので、トップスの買えもあったほうがよいかもしれません。

ただし、お手洗いでの着替えは禁止されることが多く、インナーを変えるときは指定の場所で着替えましょう。

どうしても寒くて我慢できなければ、ブランケットも販売しているので、彼氏とおそろいで購入してもよいですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はディズニーデートで女子が持っておきたい持ち物10選についてまとめてきました。

ついつい当日になって『あれがない!』なんてことにならないように事前に準備をしておきましょうね。

これ以外にもこんなものがあったら役立つなど知っている方がいればぜひコメントお待ちしております。

では最後までお読みいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です