ディズニーランドに赤ちゃんはいつからデビューできる?

今回はディズニーランドに赤ちゃんはいつからデビューできるのかについて説明していきます。

子供から大人まで世代を問わず楽しめるディズニーリゾートですが、気にする人も多いのが年齢による入場制限ですね。

子供が乳幼児の場合、パークへの入場を止められるのではないかと心配する人も少なくありません。

今回の記事を読んでいただければ次のようなことがわかります。

  • ディズニーに赤ちゃんはいつからデビューできるのか
  • 赤ちゃん連れが受けれるサービス
  • 赤ちゃんにオススメのアトラクション
  • 赤ちゃんとディズニーであると便利な持ち物

ぜひ今回の記事を参考にしていただいて、小さな赤ちゃんとディズニーで素敵な時間をお過ごしください。

ディズニーランドに赤ちゃんはいつからデビューできる?

結論として、ディズニーランドは原則年齢による制限を設けていないため、生まれたばかりの赤ちゃんでも入園することができます。

入園に掛かる費用は年齢によって若干異なっていて、3歳以下であれば入園料は無料です。

そのため、チケットを所持していないと言う理由から3歳以下の子供はファストパスを持つことはできません。

ただし、同伴の大人が所持していれば一緒に入場することはできます。

同様に、園内で食べる食事もレストランによっては3歳以下は無料で食べることが可能です。

アトラクションには年齢制限あり

園内で楽しむに当たって気をつけなくてはいけない物として、年齢制限が挙げられます。

パーク内のアトラクションの中には、年齢や身長に制限を設けている所もあるので注意が必要です。

そのため、3歳以上のお子さんであればより多くのアトラクションを楽しむことができます。

とはいえ、定番のイッツ・ア・スモールワールドを始め、3歳以下の乳幼児と一緒に利用できる物も多く揃っているので、それほど年齢を気にする必要はありません。


ディズニーで赤ちゃんが受けれるサービスは?

ディズニーリゾートでは、乳幼児を連れて来園した人が気持ちよく利用できるサービスが充実しています。

中でも特に高い評価を受けているのがベビーセンターです。

ベビーセンターとは?

ベビーセンターとは文字通り、乳幼児を対象とした施設のことで、おむつの交感や授乳はもちろん、離乳食や粉ミルクなどの食べ物の販売も行っています。

ベビーセンターは女性用のレストルームだけでなく、男性用にも設置されているので安心です。

また、こちらの施設では、調乳専用の水を提供してもらうことができるので、水道水ではなくミネラルウォーターを使ってミルクを造ることができます。

園内で食事を楽しむ時におすすめとなる施設がハンドウォッシングエリアになります。

園内の様々な場所に設置されていて、ディズニーならではのミッキーの形をした泡で手を洗うことができるのが特徴です。

何かあった時は救護室

そしてテーマパークで欠かすことのできない物が救護室です。

夏場など気温が高い時期に屋外でアトラクションを待っていると体調を崩してしまうケースも少なくありません。

特に赤ちゃんは気温の変化に敏感なので特に注意が必要です。

万が一体調が悪くなった時に施設内に設置されている救護室を利用すれば適切な治療を受けることができます。

赤ちゃんにオススメのアトラクション

イッツ・ア・スモール・ワールド

ディズニーリゾートには数多くのアトラクションがありますが、その中でも親子で楽しめる定番として挙げられるのがイッツ・ア・スモール・ワールドです。

ディズニーランドの開園当初からあるこのアトラクションは世界中の子供達が民族衣装を着て歌う姿をボートに乗って見て回る心温まる世界観で人気となっています。

身長制限もなく3歳未満のお子さんと一緒でも心配いりません。

子供連れの場合、大きな音や派手な動きがあるアトラクションは泣いてしまって周囲の人に迷惑を掛けてしまわないか不安に感じる人も少なくありません。

その点、こちらは終始明るいフロアーの中を穏やかに進んで行く形となるので安心できます。

カントリベアー・シアター

スモール・ワールドと並んで子供に大好評のアトラクションがカントリベアー・シアターです。

こちらは文字通り18頭の個性豊かなクマ達がカントリー・ウエスタンを演奏している姿を楽しむアトラクションになります。シアタータイプとなっているので天候に左右されない点も人気の理由の一つです。

蒸気船マークトウェイン号

一風変わった所では蒸気船マークトウェイン号もおすすめのアトラクションになります。

蒸気船に乗ってアメリカ河に一周するシンプルな物ですが、特筆すべきは1階フロアーであればベビーカーも入場できる点です。

ベビーカーに乗せて園内を移動している人は、アトラクションに乗る度に移動をさせることに煩わしさを感じてしまうこともあります。

この船はそのままの状態で乗れるのでストレスもなく親子揃って楽しめます。

赤ちゃんを連れて行く時にあると便利な持ち物

チケットホルダー

赤ちゃんを連れてディズニーリゾートに行く場合におすすめとなるアイテムの一つがチケットホルダーです。

近年では長い待ち時間を避けてスムーズに入場ができるファストパスを利用する人が増えています。

このファストパスを財布やカバンの中に入れて持ち歩く人も多いですが、小さいお子さんが一緒の場合、荷物が多くなってしまうため、その都度手を離して取り出すのは大変です。

チケットホルダーがあれば首からぶら下げられるので子供連れでも鞄の中を探しまったりすることなく子供から離れずに利用できます。

やっぱりベビーカー

そして乳幼児を連れて来園をする上で欠かすことのできない物がベビーカーです。

ベビーカーはパーク内でも1日1000円程度の料金で貸し出しを行っているので、自宅から持っていくのが煩わしい人はこのレンタルがおすすめになります。

そのほかにも役立つ持ち物は別の記事にまとめてあるのでぜひ参考にしてみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はディズニーランドに赤ちゃんはいつからデビューできるのかについて説明してきました。

内容を簡単にまとめると次のようになります。

  • ディズニーは何歳からでもいける
  • 赤ちゃん連れにはベビーセンターがオススメ!
  • アトラクションには年齢制限あり
  • チケットホルダーがあると便利

ぜひ今回の記事を参考にしていただいて、今後赤ちゃんとディズニーに行こうと考えている方は最高の思い出にしてください!

また以前赤ちゃんを連れてディズニーに行ったことがある方はぜひお役立ち情報をコメントで教えてください!

では最後までお読みいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です