ディズニーで1歳の子供を連れて行く時に食事で気をつけるべき5つのこと

今回はディズニーで1歳の子供を連れて行く時に食事で気をつけるべき5つのことについて説明していきます。

1歳の子供は離乳食をしているか終わっているか際どい時期になります。

まだ硬いものはあまり食べられない子供もいるし、ディズニーランドは新しいことばかりです。

ディズニーランドでトラブルをなくべく起こさないためには、子供の食事の配慮が必要になります。どういうことに関して食事に気を付けるのかを今回は説明していきます。

今回の記事を読んでていただければ次のようなことが分かります。

  • ディズニーで1歳の子供の食事で気をつけること
  • ディズニーでの子供の食事マナー
  • お子様ランチがあるレストラン

ぜひ今回の記事を参考にしていただいて楽しいひと時をお過ごしください!


ディズニーで1歳の子供を連れて行く時に食事で気をつけるべき5つのこと

1歳の子供によっては食べることの出来ない食事もある

子供でも1歳ほどの年齢の場合、まだ離乳食が始まっている人と始まっていない人といます。

どちらも同じことが言えますが、大人にとっては硬い食べ物は何とも感じませんが、子供にとっては歯もまだしっかり生えないし、食事もあまり食べさせていないときに適当な食事をあげるのはよくありません。

もしあげたとしても上手に食べられず飲み込んでしまったり、体の機能の消化が上手く備わっていないこともあります。

好き嫌い以前の問題で子供でも1歳ほどの年齢にとっては食事もデリケートです。

逆にもし食べられたとしても硬いものをあげたとき、いつも柔らかい食事をしているためにすぐ便秘になったり、体の体調を壊してしまうこともあります。

食事をあげるときは十分配慮し、子供でも食べられるものをあげる必要があります。

甘いものをあげすぎない

子供の歯は確かにいつかは大人の歯になるし、虫歯が多少あっても大丈夫という人もいます。

しかし虫歯が酷くなると歯茎や歯の周りまで痛めてしまい、一生歯医者に通わなければいけない歯になってしまいます。

そうならないようにするためには子供の頃からしっかり虫歯予防に気を付ける必要があります。

確かに先ほど食べやすい食べ物がいいと書きましたが、甘すぎるものだとせっかく今生え始めた歯もすぐ傷んでしまい、子供のときから歯の悩みを抱えなければいけません。

ディズニーランドには甘いお菓子やデザートなども売っており、大人にとっても子供にとっても美味しいものが沢山あります。

甘い物を食べてそのままにしておいたり歯を溶かしやすい食べ物を持っていくと、虫歯の原因になります。

子供の食事マナーに配慮する

子供にとってはマナーというものがまだあまり分かりませんが、大人にとってはいくら子供でも失礼に感じることや不愉快に感じることもいくつかあります。

特に子供が食事をしていてテーブルを汚しすぎてしまう、料理が来るまで騒いでいる、前を見ずに席を立ったときすぐぶつかるということは失礼にあたります。

テーブルを汚されると店員の人も不愉快な思いをするし、料理が来るまで騒いでいると他で楽しんでいる人の迷惑になるし、前を見ずにぶつかってしまうとぶつかった方の人も困ってしまいます。

どうすれば気を付けることが出来るかというと、親がきちんと子供に配慮をし、子供を退屈させないようにしたり、席を立つときも子供ではなく親もしっかり見て子供に合図をしなければいけません。

絵本をあげて大人しくさせるというのも一つの手段です。

ディズニーランドでもお子様ランチのあるところがおすすめ!

大人の食べる量と子供の食べる量はもちろん違うし、食べる種類も違います。

大人は沢山食べられるけれど子供はほんの少ししか食べることが出来ません。

子供にとってアレルギーや差し障りのない食べ物が一番いいし、量もきちんと気配りしているところがいいです。

ディズニーランドにはこうした悩みのためにもお子様ランチを置いてあるお店もあります。

ディズニーランドでお子様ランチがあるお店をまとめておきます。

  • イーストサイド・カフェ
  • センターストリート・コーヒーハウス
  • えすとらん北斎
  • クリスタルパレス・レストラン
  • チャイナボイジャー
  • ブルーバイユーレストラン
  • ポリネシアンテラス・レストラン
  • ザ・ダイヤモンドホースシュー
  • ハングリーベア・レストラン
  • プラザパビリオン・レストラン
  • グランマ・サラのキッチン
  • クイーン・オブ・バンケットのバンケットホール

どうしてもお子様ランチも食べられないときは予め食事を買って他で食べる

子供によってはお子様ランチでも厳しいと考えている人もいます。しかしこの場合でも大丈夫です。

どうすればいいかというとディズニーランドの中にある普通のパンなどの少しした販売店でパンを買ったり牛乳を買ったりしておくこともおすすめの一貫です。

予め買っておけば食べられるか食べられないかという心配もないし、子供に合わせた食べ物を食べることが出来ます。

少しお腹が空いたときやパレードの最中に食べていると子供は喜んで食べてくれます。食べるものを予め分かっていれば遊んでいるときも食事の心配もしなくて済みます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はディズニーで1歳の子供を連れて行く時に食事で気をつけるべき5つのことについて説明してきました。

気をつけるべき5つのことをまとめると次のようになります。

  • 1歳の子供によっては食べることの出来ない食事もある
  • 甘いものをあげすぎない
  • 子供の食事マナーに配慮する
  • ディズニーランドでもお子様ランチのあるところがおすすめ
  • お子様ランチも食べられないときは予め食事を買って他で食べる

1歳の子供も大変ですが、母親も大変です。

しかし子供が小さいときにディズニーランドで遊んでおけば大人になってからもいい思い出として残せるし、子供にとっても母親にても嬉しいです。

食事の仕方を少し間違えれば子供の身体にも影響が出てしまうこともあります。

ディズニーランドに連れていくときはそれなりの子供への気遣いが必要になります。

マナーに気をつけて最高の思い出を作ってあげましょう。

では最後までお読みいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です