ディズニーで犬が登場する映画10選【犬好き必見!】

今回はディズニーで犬が登場する10の映画をご紹介します。

ディズニーの中でも犬のキャラクターがすごく好きだ!といういう方も多いのではないでしょうか?

次のようなお悩みや疑問を持っている方に今回の記事はオススメです。

  • ディズーで犬が登場する映画を知りたい
  • 大まかにどんな話なのか知りたい

ぜひ今回の記事を参考にしていただいて可愛い犬のキャラクターの映画を見てみてください!


ディズニー で犬が登場する映画10選

ぜひ今回の記事を参考にしていただいて可愛い犬が登場するディズニー映画をたくさん楽しんでくださいね!

わんわん物語

裕福で愛情深いカップルに育てられたお嬢様犬のレディと自由を愛する野良犬トランプのラブストーリーです。

レディの犬種はコッカースパニエルで、ふんわりしたお耳が女の子のツインテールのようですごく可愛らしいです。

レディのお友達で鼻のきかないトラスティが、トランプに対する誤解に気づき、体を張って助けに行く所,動かなくなったトラスティを前にジョークが悲しげな遠吠えをあげる所など胸に来るシーンがあります。

一番の見所は主題歌にもなった「ベラ・ノッテ」のシーンです。

わんちゃんとは思えないほどロマンティックで、さすがディズニーマジックといったところでしょうか。

101匹わんちゃん(アニメ版)

実写化もされたりさらにその続編も登場している101匹わんちゃんの元祖です。

個人的にはクルエラが研ナオコさんに見えて仕方ないのですが・・・。

ポンゴとパディータの2人が、同じ犬やそのほか動物たちの力を借りてクルエラ一味をやりすごすシーンは手に汗握ります。

ラッキーの蘇生シーンは所初見はびっくりしてしまいました。実はアニメ映画史における転機を迎えた作品でもあります。

すべて手描きだったセル画にトレスマシーンを導入し、効率化に成功しました。

ディズニーの技術はやはりすごいですね。

きつねと猟犬

日本では知名度が低めの作品かもしれません。

母親を殺された子ギツネのトッドは、トゥイード夫人に可愛がられて育ちます。

隣の家に住むハンターのエイモスも、ちょうど同じ頃猟犬として育てるためにコッパーと名付けた子犬を飼い始めました。

トッドとコッパーはいわば敵同士なのですが、そうとも知らず幼い二人は大の親友になります。

トゥイード夫人とエイモスはトッドの事でトラブルになり、泣く泣く夫人はトッドを森へ帰します。

敵同士として再会した二人は・・・。

ディズニーらしくエイモスさんが改心してくれるのにほっとします。

黄色い老犬

実写映画で犬がメインキャラクターとなる作品です。

テキサスの農場で、父が牛を売却に行く期間母と弟で農場を切り盛りしなくてはいけなくなった少年トラビス。

弟が見つけてきて飼う事になった黄色い老犬が気に入らなかったのですが、熊に襲われた所をたすけられて態度一変。

黄色いので「イエラー」と名付け大の親友になるのです。

父のいない農場では大小様々なトラブルが起こりますが、中でも一番の大事件がオオカミによる襲撃でした。

イエラーは見事農場とトラビスたち家族を守り抜きますが、オオカミから狂犬病をもらってしまいます。

手の施しようがなく、トラビスは自分の手でイエラーを撃たなくてはいけませんでした。

胸の詰まる最後ですが、お父さんが連れてきた子犬がイエラーそっくりで救いになってくれるといいなという終わり方でした。

オリバー ニューヨーク子猫ものがたり

ディケンズの「オリバー・ツイスト」を大胆に改変・翻案した作品です。

主人公のオリバーは子猫ですが、オリバーを助けてくれるドジャーやティトといった仲間たちのほとんどが犬です。

ジェニーがオリバーの身代金のためにと精一杯の貯金箱を握りしめる姿や、オリバーに歌いかける「いつでも一緒」は大人になってからは以前と違った熱い物がこみ上げます。

ヴィランのサイクスが相当にクズなので、ラストに胸がすっきりです。

ピーター・パン

永遠に大人にならない少年ピーターとダーリング家の3人姉弟の冒険物語。

ナナはダーリング家の子供たちのお世話をする乳母で、大変賢く、姉弟の母親のダーリング夫人の信頼も抜群です。

しかし、子供部屋で大人げないダーリング氏と子供たちの諍いに巻き込まれてとんだとばっちりを食ってしまいます。

ナナの心配ばかりをする家族にダーリング氏は大激怒し、ナナを外につないでしまうのです。

ナナはピーターの侵入にすぐに気がつきますから、ナナがきちんと部屋にいれば子供たちの大冒険もなかったのかもしれませんね。

シンデレラ

継母と義姉による陰湿で過酷ないじめに耐え、フェアリー・ゴッドマザーの助力を得てついには王子様と結ばれる王道の物語。

どこに犬がいたか?

シンデレラのお友達のブルーノーが犬でしたね。

継母に可愛がられる猫のルシファーはシンデレラに対してもとても意地悪でした。

大公が最後に訪問したときに閉じ込められたシンデレラを救出すべく尽力したガスやジャックの妨害をしたのもルシファー。

このルシファーにネズミや小鳥たちでは対抗できず、最終兵器として投入されたのがブルーノーです。

普段の温和な姿からは想像できないほど、シンデレラに悪意を向けるルシファーに対しては苛烈な様子を見せます。

ちなみに、シンデレラがお城に行く際にも御者に変身してきちんと役目を果たしています。

彼がきちんと馬車を御したため、追っ手を振り切れたのでしょう。

ポカホンタス

メインキャラクターではありませんが、ヴィランのラドクリフが哀願しているのがブルドッグのパーシーです。

お坊ちゃま育ちで入植地にありながら、労働者よりもはるかに贅沢なおやつを堪能するパーシー。

おやつに反応したのが、ヒロイン・ポカホンタスの親友でもあるアライグマのミーコです。

二人は食べ物を巡って激しくも端から見ているとほほえましいとしか思えない追いかけっこを始めます。

最終的に白人たちとパウアタン族が和解したように、パーシーとミーコも仲良くなります。

おしゃれキャット

ボンファミーユ夫人の飼い猫であるダッチェスとその子猫たちが、夫人の執事のエドガーに遺産目当てで連れ去られ、パリの野良猫トーマス・オマリーの手を借りて夫人の元へと帰り着くお話。

エドガーがダッチェス親子を捨てた先にナポレオンとラファイエットという老犬がいて、リーダー争いをしています。

特に猫たちとの絡みはありませんが、2匹とも気にくわないエドガーに襲いかかっているため、そうとは知らずダッチェス母子のピンチを救った形になっています。

リトル・マーメイド

アンデルセンの「人魚姫」をベースとしたお話。

エリック王子の愛犬のマックスはオールド・イングリッシュ・シープドッグ。

長い毛で目が覆われているのが、RPGに登場する魔法使いや賢者のようですが、実際にマックスも非常に賢い犬です。

反面,人懐っこく、陸に上がる前のアリエルを甲板から眺めて気に入っていました。

アリエルが人の脚を得た後も、エリック王子を助けた本人だと気づいており、必死に訴えるのですが・・・彼には人間の言葉を理解できても伝える術がなかったのです。

ちょっとムスッとした表情も愛嬌があるキャラクターですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はディズニーで犬が登場する映画10選を紹介してきました。

まとめると次のようになります。

  • わんわん物語
  • 101匹わんちゃん(アニメ版)
  • きつねと猟犬
  • 黄色い老犬
  • オリバー ニューヨーク子猫ものがたり
  • ピーター・パン
  • シンデレラ
  • ポカホンタス
  • おしゃれキャット
  • リトル・マーメイド

これ以外にもこの映画に犬が出ているよ!など知っている方がいればぜひコメントお待ちしております。

では最後までお読みいただきありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です