ディズニーランドで唯一お酒が飲めるクラブ33とは?

ディズニーランドでお酒は飲めるのか?そんな疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回はディズニーランドで唯一お酒が飲める場所と言われている幻のクラブ33についてご紹介します。

このクラブ33に入るのはかなり難易度が高いですが、ぜひ挑戦してみてください!


ディズニーランドでお酒が飲める唯一の場所、クラブ33とは?

みなさんは、東京ディズニーランドに会員限定のスペシャルなクラブがあるのを知っていますか?

その名も「クラブ33」。

一般のゲストは立ち入ることができず、スポンサー企業の関係者など限られた人のみが会員になることのできるレストランのことです。

東京ディズニーリゾートの中では基本的にディズニーシーでのみアルコールを飲むことができるのですが、このクラブ33では特別にディズニーランドのパーク内でお酒を飲むことができるんです。

その他にも、このレストラン限定のコース料理を楽しむことができます。

しかし、本当に特別な人しか会員になれないため、中に入ったことがあるひとはごくわずか。行ったことがある、という人は非常にラッキーだと言えるでしょう。

クラブ33はどこにあるの?

クラブ33はワールドバザールの“三井住友銀行東京ディズニーランド出張所”の隣にあります。

入れる人がとても少ないことから入り口もかなりわかりづらくなっていますが、それもミステリアスで素敵ですね。

ドアには「33」とだけ書かれているのが外からでもわかると思いますので、それだけを探してみるのもいいでしょう。

入り口近くのインターホンを押して名前を言うと入ることができるようです。普段は鍵がかかっていますから、これ以上中に入ることはできません。

店内の窓はシンデレラ城側にあるため、食事をしながらショーやパレードを楽しむことができます。

エレクトリカルパレードやプロジェクションマッピングなどの夜のロマンチックなイベントを優雅に過ごすにはうってつけでしょう。

クラブ33に入店する方法とは?

完全会員制であるクラブ33に入るにはどうしたらいいのでしょうか?

これは多くのディズニーファンが感じていることと思いますが、方法はいくつかあります。どれも簡単なものではありませんが、会員になれる可能性はゼロではありません。

まずは、スポンサー企業の関係者になること。

企業の中でどのくらいの地位にあればクラブ33の招待が貰えるのかは不明ですが、ディズニーのスポンサー企業に勤めている方、勤めることを検討している方、知り合いにスポンサー企業の社員がいる方にとっては一番確実な方法かもしれません。

ただ、知り合いや自分がスポンサー企業の関係者である可能性はかなり低く、周りに全くそういった人がいない方がほとんどでしょう。

その場合、JCBブラックカードの会員になって抽選に参加するのが最もよいでしょう。


JCBブラックカードを手に入れるにはどうすればいいのか?

では、JCBブラックカードを手に入れる具体的な方法についてお話ししましょう。

まずJCBのカード会員になり、ゴールドカードを取得します。

そして、1年に100万円以上のクレジットカード利用を2年連続で続けることがゴールドカードプレミア会員になる条件です。

そこからさらに1年で100万円以上のクレジットカード利用をすることで、ブラックカード会員の招待状が届くことがあるようです。

招待状が届くにはいくつか条件があり、それをクリアしている必要があります。

1年に100万円以上、しかもそれを少なくとも3年間続けなければならないため、この方法を取るにはかなりの根気と資金が必要ですね。お金に余裕がある人は挑戦してみてもいいかもしれません。

JCBブラックカード会員になると、毎年3月にクラブ33への招待状を含んだプランに参加することができるようです。

実際に食事をした人の感想

実際に食事をしたことがある人によると、サービスの質が高いディズニーリゾートの中でも最高級のおもてなしと料理をいただけるのだそうです。

訪れる人も多くないため、ゆったりとした高級感あふれるゴージャスな空間でロマンチックな夜を過ごせるという噂です。

店内は写真撮影禁止のため、中の様子を知ることができないのは残念ですが、ミッキーなど有名なキャラクターとのグリーティングやレストラン限定のお土産なども用意されていて、食事だけでなく色々な楽しみ方ができるようです。

多くの人が一生訪れることのない場所ですが、どんなレストランなのか思いを膨らませてみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

クラブ33に入店するのはかなり難易度が高いですがそれでも人生で一度は行ってみたい場所ですね!

まずはJCBカードを作ってみてブラックカードまでたどり着ければ誰にでもチャンスがあります。

日頃のショッピングをクレジットカード払いに変えるだけでももしかしたら達成することができるかもしれないので挑戦してみましょう!

では最後までお読み頂きありがとうございました〜



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です