ディズニーランドでアトモスフィアを隙間時間に楽しむコツとは?

今回はディズニーランドでアトモスフィアを隙間時間に楽しむコツについてご紹介します。

パークの中を歩いていると、どこからともなくパフォーマーが現れてその場でショーが始まるという経験をしたことある方は多いと思います。

これらは「アトモスフィア」と呼ばれるショーでディズニーランドでは14種類、ディズニーシーでは5種類が設定されています。

今回はこのうちのディズニーランドでアトモスフィアを楽しむコツをご紹介します。



アトモスフィアはいつ見れるの?

アトモスフィアはTodayなどのショースケジュールには時間は掲載されていません。

いつどこに現れるか分からないのが楽しみのひとつなのですが、現れる場所はだいたい決まっているので、コツさえつかめばどれか必ず楽しむことはできるショーなのです。

それぞれのショーはおおよそ20分ほどです。

長時間待つことなく、通りすがりに短時間でふらっと楽しめるのがいいですよね。

まずチェックするのは入園してすぐのエリア

まずは、入園してすぐのエリアです。

エントランスからワールドバザールの辺りでは、ほぼ絶え間なくさまざまなショーが行われているのでここを通った時に見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

ウェルカムフラワーバンド、ジップンズーム・ガイドツアー、バイシクルピアノ、サックス・フォー、東京ディズニーランドバンド、が次々に出てきます。

ジップンズーム・ガイドツアーはパークのアトラクションやイベントの見どころを、パントマイムやバイオリンの演奏を交えて楽しく紹介してくれるのでおススメです。

迫力のある楽器の演奏を楽しめるのが東京ディズニーランドバンド。

遠くからでも音が聞こえるので、賑やかな楽器の音が聞こえたら姿を探してみるのはいかがでしょうか。

海賊衣装のパイレーツ・ブラス

アドベンチャーランドへ向かうと、カフェーオーリンズ前にはパイレーツ・ブラスが現れます。

海賊の衣装をまとった金管バンドで楽しくカッコいい演奏を披露します。

こちらはシアターオーリンズで何もやっていない時間帯を狙ってみてください。

打楽器を奏でるジャングリズム

また、アドベンチャーランドの入口看板の付近ではジャングリズムを楽しむことができます。

こちらも打楽器の音が遠くからでも聞こえるので、ドコドコという音が聞こえたら探してみるとよいと思います。

また、場所的にスーパードゥーパー・ジャンピンタイムをやっている時間帯は避けて探してみるとよいでしょう。

ワイルドウェスト・チャンス

アドベンチャーランドからウェスタンランドへ向ってすぐの辺りでは、ワイルドウェスト・チャンスに出会う事が出来ます。

パレードが始まる直前にやっていることが多いので、パレード待ちのついでに探してみてはいかがでしょうか。

この辺りではラウンドアップ&プレイも見ることができます。

マークトゥエイン号の乗り場前や、ビックサンダーマウンテンのファストパス発券機付近によく現れます。参加型のショーで、ウッディやジェシーも登場するので小さいお子さんにもおススメです。

シンデレラ城の裏でも演奏が見れる!

この他、ファンタジーランドのシンデレラ城の裏の辺りではコート・ジェスター・カルテットが楽しいサクソフォンの演奏を奏でてくれます。

トゥモローランドヘ向かうと、パン・ギャラクティック・ピザポート脇の公衆電話コーナーの前ではオーパス・ファイブやロボ・アストロがアカペラやダンスを楽しむことができます。

また、パーク内のいたるところに出現するのがファン・メンテナンスとブイクビート・ダンサーズです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

アトモスフィアはあちこちに出現するので、ここと狙いを定めて探すのはとても難しいのですが、パレードの前になると、パレードルートに現れることが多いので、その時間帯を狙ってみるのがいいでしょう。

アトラクションやパレードの合間、ちょっとした時間に楽しめるショーがディズニーランドにはこれだけあります。

狙って見に行くにはコツが要りますが、基本的に出会えたらラッキーなものなので、ぜひ他の人にも自慢してみてくださいね。

では最後までお読みいただきありがとうございました〜



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です